【京王電鉄】Mt.TAKAO号乗車記録-2018年11月18日

2018年11月18日(日) 同日に開催されていた「八王子いちょう祭り」で高尾山口駅近くまで来たため、これに併せて京王電鉄「Mt.TAKAO」号に乗車した。

「Mt.TAKAO」号は紅葉シーズンの高尾山→都心への座って移動できる電車として、今年2月にデビューした「京王ライナー」と同じ車両を使用して土・休日を中心に9日間、夕方時間帯の2便限定で運行する臨時列車となっている。

乗車当日、指定席券は高尾山口駅前のみで販売との情報を京王ホームページより得ていたため、午前10時前に高尾山口駅前へ行き、改札横の特設販売場で事前に指定席券を購入。

[Mt.TAKAO号特別仕様の座席指定券]

午前7時から販売開始とのことだったが、座席にはまだまだ余裕があるようで、「高尾山口15:01発 Mt.TAKAO2号」の座席指定券をゲット。(金額は通常の「京王ライナー」と同じ400円)

購入後は「八王子いちょう祭り」に行って、発車15分前の14:45頃に再び高尾山口駅に戻る。駅の1番ホームには既に「Mt.TAKAO2号」が行先表示を「臨時」にしてスタンバイしていた。

高尾山ラッピングの列車が隣のホームに入線

「臨時」

「京王ライナー」と同じ座席配置

座席に座って外を見ると目の前が温泉施設だ

列車に乗り込んだ時の乗客はまばらで、高尾山口→新宿間運賃(IC):381円を超える座席指定券の高額さと座席指定券の買いにくさもあって人気がないのかと思っていたところ、発車10分前になって駅員さんがホーム上でも座席指定券の販売を行ったのもあってか、発車する頃には自分の乗った3号車は9割近い座席が埋まっていた。

「Mt.TAKAO2号」は定刻どおりの15:01に高尾山口駅を発車し、新宿までの移動時間は約50分間だ。始発の高尾山口駅は2015年に開業した「京王高尾山温泉 極楽湯」が駅と直結していて、温泉に近づくと駅のホーム上から温泉の匂いが漂ってくる。

その後、列車はドアは開かず乗り降りはできないが、高尾、北野、高幡不動、聖蹟桜ヶ丘、分倍河原、府中、調布、明大前の順に全ての特急停車駅に一時停車しながら進んで行くため、新宿までの所要時間は高尾山口始発の特急とほぼ変わらない。

道中、北野駅を過ぎた辺りではドローンの飛行を確認した。15秒くらい列車と併走していたので、京王関係者の景観写真撮影かも知れません。一時停車駅では時刻表に載っていないのに乗客の乗っている変な電車が来たので、ホームにいる人達が少し驚いた表情でこちらを見ていた。そして、東府中駅を通過した辺りで列車は一気にスピードを上げ、車窓はだんだんと高いビルが立ち並ぶ風景となり、定刻どおり新宿駅に到着した。

新宿駅では撮影者に取り囲まれるMt.TAKAO号

なお、「Mt.TAKAO号」に乗車すると、乗車特典として車内で車掌さんから木目調の「乗車記念カード」が進呈された。新宿に特に用事は無かったので、再び京王線に乗って八王子に帰ったのでした。

-完ー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする