【スーパーカブ110(ja44)】- ヘッドライトバイザー取り付け

2018年式 ホンダ スーパーカブ110(JA44)カスタムシリーズ第8弾(ヘッドライトバイザー取り付け)。
ネット通販で「ヘッドライトバイザー」なるものを購入してみました。通称「ピヨピヨ」と呼ばれるヘッドライトの上部に取り付けるバイザー。性能・機能面では全く変わりは無いので、完全に見た目だけのカスタムパーツです。

他メーカーからも幾つか発売されているようだが、今回、キタコのヘッドライトバイザーを購入。値段は約1,500円でした。
上の画像の通り、ヘッドライトに直接、両面テープで貼り付ける構造となっていて、ネジ止めではない事に少し不安ですが、とりあえず作業に取り掛かります。

ヘッドライトカバーを外すため、最初に赤〇印の3か所をプラスドライバー+レンチで外す。

ヘッドライトカバーの上部はツメで引っかかっているので、ゆっくりと下から引いていくような形で、ヘッドライト本体ごと引っこ抜く。
ヘッドライト本体が抜けても、配線が内部と繋がっているので、配線に力が加わらないように注意する必要があります。

次に、上の画像の青〇印2か所をプラスドライバーで外す。
(赤〇印は先ほど外した3か所に当る)

ヘッドライトリムが外れます。この後、両面テープでヘッドライトバイザーを直接張り付けるので、確実に接着するためにも、このタイミングでリムの内側に付着している油汚れをきれいにふき取っておきましょう。

汚れを取り除いたら、両面テープを上部に張り付けたヘッドライトバイザーをリムの内側に貼り付けます。一度くっつけてしまうとやり直しが効かないため、慎重に…

両面テープを貼りつけた場所を1分くらい押さえつけて、ヘッドライトリムにバイザーが確実に接着されていることを確認したら、後は脱着時と逆の手順でヘッドライト周りのネジ・ボルトを固定して、作業完了です。

遠目で見るとヘッドライトバイザーはほとんど目立ちませんが、至近距離で見るとそれなりに存在感がありました。まあ、安価なパーツなので、遊び心程度で取り付けて見るには良し、と思ってます。
≪ 終 ≫