【スーパーカブ110(JA44)】-ダブルシート取り付け

2018年式 ホンダ スーパーカブ110(JA44)カスタムシリーズ第3弾(ダブルシート取り付け)。
純正のシート+キャリアだと沢山の荷物を積むことができて良いのだが、尻の位置をずらすことができず、ポジションが窮屈に感じていた。僕のスーパーカブで2人乗りをする機会は無いが、 快適に乗りたいと考えると、長くて着座位置の替えやすいダブルシートに交換するのがベストだと考え、今回のカスタムに至った。

キジマのダブルシートを購入。定価は28,000円+税だが、程度の良い中古品がネットに出ていたので、送料込みで2万円ほどであった。早速取り付けに入りたい。

まず、純正キャリアの取り外しから。上部のボルト2か所を外して…

次に、リアサスと純正キャリアが交わるボルト(左右2か所)を外す。これで全てのボルトが外れたので、ゆっくりと純正キャリアを持ち上げて撤去する。

キャリアの取り外しが完了したので、純正シートを外していく。

純正シートを持ち上げ、ハンドル側に車体とシートを固定しているボルトが4か所あるので、このうちシート側に付いている2か所を外していく。

両方のボルトを外すと、シートが落ちてくるので注意しながら、純正シートの取り外す必要がある。純正シートを外し終えたら、ダブルシート付属品の取り付けに入る。

僕が購入したキジマのダブルシートには、シートロックのための部品が付属している。ダブルシートを取り付ける前に、これらの部品を先に取り付けた方がスムーズだろう。

ゴムブッシュを車体側に置き、シートロックのパーツをその上に置いて、シートロック用固定ベルトで固定する。リアサスの上部は純正キャリアを装着していた分のスペースが開いてしまっているので、ワッシャーを間に挟んで固定させる。

付属品の取り付けが全て完了したら、ようやくダブルシート本体の取り付けだ。純正シートが固定されていたのと同じ場所に、ダブルシートを固定する。

ダブルシートが固定出来たら、先ほど取り付けたシートロックとかみ合うかどうかチェックして、問題なくシートロックがされれば作業終了だ。

僕はシートロックの構造が良く分からず、左右逆に付けてしまったりしてやり直しがあったが、基本的にはボルトの取り外しが中心の簡単な作業だった。作業時間は1時間位を見ておけば問題ないだろう。

次のカスタム <<リアサスペンション交換>>