【CRF1100L アフリカツイン】-パニアケース取り付け

2020年4月に納車された「CRF1100L アフリカツイン(SD10)」のオプションとして、ネットでホンダ純正のパニアケース(左右セット)を購入した。
個人売買だったので定価よりそこそこ安価に購入できたが、自分で取り付けする必要がある。

Honda One Key System

取り付けとは言っても、パニアケース自体はワンタッチで車体に固定できるので、特にすることは無いが、この純正パニアケースはバイク車体と同じ鍵で施錠・着脱が可能なワン・キー・システムが採用されているため、この鍵穴を自力で作成する必要があるのだ。

容量は右側が約33L 、左側が約37L。左側ケースには、画像のようにオフロード用ヘルメットもピッタリ収納が可能。パニアケースに荷物を入れてしまえば、カバンなしでも日帰り~1泊程度のツーリングは余裕でこなしてくれそうだ。

上の画像が、届いた状態のパニアケース上面だが、鍵の部分は穴が開いた状態になっているため、この部分を埋める鍵をこれから作成していく。

その鍵穴のパーツがこれ。細かすぎて頭が痛くなりそうだが、インターネット上で取扱説明書をダウンロードできたので、説明書の通りに進めていけば何とかなりそうだ。

穴に差し込む部品には、それぞれ豆粒のような大きさで番号が書いてあり、それをバイクのキーに合わす形で一つ一つ埋め込んでいく。非常に細かく地道な作業で、パーツを一つでも無くすと、鍵穴の作成が出来ない可能性もあるので、作業場所には注意が必要だ。

画像がピンボケしてしまっているが、全てのパーツの埋め込みが完了したら、グリスを塗ってパニアケースの穴にはめ込む。
はめ込んでしまったら後戻りは出来ないので、緊張する瞬間だが、キーを回転させて無事に抜ければ作業は完了だ。反対側も同様に鍵穴を組み込み、最後に車体への取り付けを行う。

ゴムのカバーが2つ付属しているので、パニアケースをセットする前にネジで車体に固定する。(画像は左側のゴムカバー取り付け位置)
ゴムカバー取り付け後は、下部をゴムカバーに埋め込むような形で、いよいよパニアケースを車体に取り付ける。

パニアケースと車体を上部の2点でホールドし、パニアケースの赤いボタンを押して下部の1点をガチっと音がするまで固定し、キーを抜ければ問題なく取り付けが完了だ。
作業時間は3時間ほどでした。