【スーパーカブ110(ja44)】- サイドバッグサポート取り付け

スポンサーリンク

2018年式「ホンダ スーパーカブ110(JA44)」カスタムシリーズ第10弾(サイドバッグサポート取り付け)。
個人的に、前々から気になっていたサイドバッグサポートではあるが、この度、インターネットで手ごろな中古品を入手できたので、車体への取り付けを行いたい。

スーパーカブ110のサイドバッグサポートは、DAYTONA(デイトナ)からも発売されている製品があるようだが、今回購入したものはキジマのバッグサポートである。
【注意点】
デイトナのバッグサポートは左右一体型なのに対して、キジマのバッグサポートは左右が分かれており、ぞれぞれ単体でも発売されているため、車体両側に取り付けたい場合は「左右Set」を購入する必要がある。

(1) 画像の赤印4か所のボルト、ネジを外す。工具は14mmレンチと5mmスパナが必要だ。
僕のスーパーカブ110は純正キャリアを取り外し、ダブルシート仕様にしているが、ノーマル状態のスーパーカブでもバッグサポートの取り付け要領は変わらない。

キジマのバッグサポートを取り付ける場合、外したネジ、ボルトはリアサスペンションのボルト(銀色)は再利用するので、無くさないようにしたい。車体後方のネジ(黒色)は使用せず、バッグサポート付属の長いネジ(銀色)を使用することになる。

次に、バッグサポートを持ち、車体と合わせて取り付け位置を確認する。
今回、画像は車体左側のバッグサポートを取り付けている時のものであるが、左右の作業要領は同じで、どちらから先に行っても問題ない。

リアサスペンション側は、先ほど外したボルトを使用して固定する。車体後方はバックサポート付属の長ネジを使用して、車体とバックサポートを固定する。

この2か所をしっかり固定すれば、バックサポート(片側)の取り付けは終了。
左右セットの場合は、もう片側を同じ要領で取り付ければ良い。

「サイドバックサポート」(キジマ製)の取り付けに要した時間は、左右合わせて約30分でした。
サイドバッグの固定にはもちろんのこと、積載した荷物を固定するための荷掛けフックを掛ける場所としても使えそうで、旅への楽しみが膨らむ?カスタムパーツであるでしょう。

その後、赤色ダブルシートに変更し、現在の姿になりました。
カスタム費用:約10万円、約3年のあいだにコツコツと仕上げてきた僕のスーパーカブ110も、ようやく自分なりの完成形に近づいてきたので、これにてひと段落と言えそうだ…

「【ホンダ スーパーカブ110(JA44)】-購入レポート」
<<https://amukat.net/c110new>>