【スーパーカブ110(JA44)】-購入レポート

2018年4月某日、バイクを購入した。
僕は免許を取ってから数台バイクを乗り継いでいるが、今回が初めて新車での納車である。車種は今年で誕生からちょうど60年のスーパーカブ110

スーパーカブ50/110(本田技研工業株式会社) www.honda.co.jp/SUPERCUB/

以前、同じ原付二種クラスであるマジェスティ125Fiも所有していた。しかし、二年間の通学、全国各地への旅で酷使して走行距離約86,000km、至る所にガタがきていたため、5年間乗った去年の夏に1万円で手放している。

大型バイクも良いが、やっぱり小回りが利いて気軽に出かけられる原付二種クラスにまた乗りたくなり、今回セカンドバイクとしてスーパーカブ納車に至った次第である。

納車から1か月経ったので簡単にレビュー

購入費用:約30万円(車両本体+オプション¥260,000+手数料・保険料\40,000)
燃費:70km/L(慣らし運転中)
走行距離:800km

私はスズキ アドレスV125、台湾ヤマハ マジェスティ125に乗ったことがあるので、125ccクラスのスクーターとの比較になるが‥

◎ 燃費、小回り性能、悪路走破性
 慣らし運転中で殆ど40km/h以下で走行しているというのもあるが、リッター70km/Lの燃費はカタログ値を超えた。

× 加速力・制動力に欠ける、ノーマルだと収納スペースが無い、少々ポジションが窮屈、燃料タンク容量が少ない(4.3L・燃費が良いので航続距離200km以上行けるが‥)

収納スペース、窮屈なのはこれからカスタムして改善する計画だ。スクーターに比べると明らかに非力だが、それは割り切ってゆっくり走るのが良いだろう。

それなりに長所短所もあるが、スーパーカブを購入して良かったと思っている今日この頃。こいつは間違いなく、これから何十年と人生を共にして行く相棒になりそうだ。